マクラーレン  新型スーパーカーについて、さらなる情報

マクラーレン

マクラーレン  新型スーパーカーについて、さらなる情報
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

マクラーレン・オートモーティブは15日、3月7日にジュネーブ・モーターショーで発表を予定している新型スーパーカーについて、さらなる情報を明らかにした。

2009年に発表された「MP4-12C」から使い続けた「M838T」型エンジンは、新開発の「M840T」に進化。同じV型8気筒ツインターボだが排気量が3.8リッターから4.0リッターに拡大され、これを搭載する次世代のスーパーカーは0-200km/h加速が現行型「650S」の8.4秒から7.8秒に、静止状態からクォーター・マイル(約400m)まで要するタイムも10.5秒から10.3秒に短縮される。2基のツインスクロール・ターボチャージャーも従来よりイナーシャが減少するなどの改良が施されており、ターボラグやスロットル・レスポンスが改善されているという。

マクラーレンの「スーパー・シリーズ」でディレクターを務めるハイドン・ベーカー氏は「第1世代のスーパー・シリーズに比べて、パワー、トルク、スロットル・レスポンスの全てが著しく向上しています。しかも燃費と排出ガスも明白に改善されています」と語っている。

そしてこのエンジンのために新しく設計されたエキゾースト・システムは、エンジンの回転が高まるに連れて音量と倍音成分が「洗練されたバランスで」響くという。さらに「聴覚的な興奮を求める方のために」スポーツ・エキゾーストもオプションで用意されるそうだ。

ミドシッブに搭載されたこの新型エンジンは、鋳造アルミニウム製エアインテークと共にリアのガラスを通して見ることができるようで、オーナーがドアをアンロックするとエンジン・ベイがイルミネーションによって照らし出される仕掛けが備わるという。

今回、公開された情報は上記のみ。最高出力や最大トルクなどの数値については触れられていない。だが、最高出力はこれまでに登場したスーパー・シリーズの最強モデル「675LT」の675psを凌ぐことは間違いないはずだ。

MP4-12C以来、初のフルモデルチェンジを迎える第2世代スーパー・シリーズについては、より軽量・高剛性で乗降性や居住性も改善された新しいカーボンファイバー製モノコックが1月に公開されている。

人々の注目と期待を煽るように小出しにされる情報は今後も追加されるのか、それとも次に我々がこのスーパーカーについて知るときは、ジュネーブでベールを脱ぐときになるのだろうか。

出典 http://jp.autoblog.com

マクラーレンMP4-12C 中古車試乗インプレッション

1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸