マツダ コスモスポーツ その姿は人々を驚愕させた。美しく未来的なプロポーション

マツダ

マツダ コスモスポーツ その姿は人々を驚愕させた。美しく未来的なプロポーション
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

 1964年の東京モーターショーでコスモスポーツは正式に発表された。

その後もマツダの技術者達はその品質と耐久性を揺るぎないものとすべく、

さらなる走りの熟成を推進。

三次自動車試験場が完成した1965年6月以降は連続高速耐久テストが繰り返され、

開発当初からのテスト走行距離は70万kmに及んだ。

1967年5月30日、コスモスポーツ販売開始。

この日から、総排気量491cc×2、最高出力110PS、最高速度185km/h、0-400m加速16.3秒という驚異的なスペック、

低く流れるようなスタイリング、小型高出力というロータリーエンジンの長所を余すところなく具現化したスポーツカーの躍進が始まった。

コスモスポーツは、当時のスポーツカーとして類のない月間30台前後の販売を実現。

国際レースでの活躍とともにその名声を確固たるものにした。

 1967年の販売開始から40年。

コスモスポーツから始まったマツダのロータリーエンジン搭載車の歴史とその情熱は、現在にまで脈々と息づいている。

出典 http://www2.mazda.com

販売期間 1967年5月 - 1972年

乗車定員 2人

ボディタイプ 2ドアクーペ

エンジン 10A型982cc2ローター

駆動方式 FR

最高出力
        110PS/7,000rpm(L10A)
        128PS/7,000rpm(L10B)

最大トルク
        13.3kgf·m/3,500rpm(L10A)
        14.2kgf·m/5,000rpm(L10B)

変速機     4速MT(前期)/5速MT(後期)

サスペンション
        前:ダブルウィッシュボーン
        後:ドデオン・チューブ

出典 http://

コスモスポーツの前期型L10Aには、10A型ロータリーエンジン(491 cc ×2)が搭載された。9.4の高圧縮比とツインプラグによって110 PS /7,000 rpm、13.3 kgf·m /3,500 rpm を発揮した。車重は940 kg と比較的軽量であった。

ロータリーエンジン搭載用に専用設計されたボディはセミモノコック方式であった。ボディは開口部以外には継ぎ目がなく、ハンドメイドのスペシャルカー

開発当初、当時の社長である松田恒次から「売り出すつもりのないイメージカーだ」といわれたからこそ、この思い切ったスタイリングが生まれたともいわれる。

市販までに、テストは各地のディーラーに委託されたコスモスポーツ60台により、1年の期間を費やして実施され、その間、本社では試作車による10万kmに及ぶ連続耐久テストを含み、総距離300万kmにも達する走行テストが行われた。

価格は148万円で、同時期の趣味性の高い車種で比較すると、いすゞ・117クーペの172万円ほどではないが、ダットサン・フェアレディ2000の88万円、日産プリンス・スカイライン2000GT-Bの94万円と比べるとはるかに高価であった。

ロータリーエンジンの走りは、レシプロエンジンとはまさに異次元の感覚をもたらした

ステアリングギアにはクイックなラック・アンド・ピニオン形式を採用

多くのメーカーが開発を断念する中、マツダは実用化に成功。ロータリーにかける情熱と執念により、ロータリーエンジン搭載車「コスモスポーツ」が誕生したのである。

ブレーキは前後2系統が独立したタンデムマスターシリンダー式となっており、どちらかが故障した場合に備えた安全性の高いものとなっていた。

1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!