新型メルセデスAMG E63 S 4MATIC 612ps 4L V8ツインターボ発売 2017年3月から

メルセデス・ベンツ

新型メルセデスAMG E63 S 4MATIC 612ps 4L V8ツインターボ発売 2017年3月から
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

612psの4リッターV8ツインターボ搭載

メルセデスAMG E63 S 4MATIC+

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4993×1907×1460mm
ホイールベース:2939mm
車重:1880kg
駆動方式:4WD
エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ

トランスミッション:9段AT

最高出力:612ps(450kW)/5750-6500rpm

最大トルク:86.7kgm(850Nm)/2500-4500rpm

タイヤ:(前)265/35R20/(後)295/30R20

0-100Km 3.3秒

前型4MATICの前後駆動配分が33:67の固定であったのに対して

電子制御デフを採用することで0:100~50:50のバリアブル型に進化

AMGドライバーパッケージを選択すれば、最高速度は300km/h

デュアルクラッチ式となる9段AMGスピードシフト MCTを搭載

先代まで4MATICは、左ハンドルのみだったが右ハンドルの選択肢が可能

最高出力はAMG GT Rを上回る612ps

「E63 S」には電子制御LSDが備わる。

ステアリングホイールはフラットボトムDシェイプ型
シートはブラックカラーのナッパレザーとダイナミカマイクロファイバーのコンビネーションで、金属のパドルシフトやシフトノブにはAMGのロゴ

612psの爆速モンスターEクラス

レースモード+ESPカットオフ+Mモード 0:100 FRで駆動配分が固定される「ドリフトモード」に設定することも

IWCがデザインしたアナログ時計

自然なハンドリング高速領域でのダイナミクスは主にサーキットで試すこととなったが、懸念される四駆化によるアンダーステアの増加、もしくは人工的な曲がり込みといった癖のようなものはほとんど見受けられなかった。駆動配分をつぶさに追う術(すべ)はないが、前輪側への駆動配分は操舵感や挙動変化に極力影響が出ないようにしつけられているとみえて、実際のマス感を抹殺しない程度にきっちりニュートラルにコーナーのインを突いていく。E63がクラシックな機械式LSDを用いるのに対してE63 Sは電子制御LSDで左右輪の回転差をリニアにコントロールしているが、このシステムが本性をあらわにするのは先述のドリフトモードくらいだろう。持てる技術を自然につなげることは以前からAMGの是とされてきたが、E63 Sは世界最速サルーンのスペックを持ちながら、その全てが自然で優しい。アクセルを踏み込んでの速さたるや説明するまでもないが、それを日常域での上質感とシームレスにつなぐ術にこそ、AMGの核心がみてとれる。そのダイナミックレンジの広さは、他社にはなかなかまねできるものではない。だからこそ、彼らの手がけるサルーンは強力な支持を得られるのだろう。

出典 http://www.webcg.net

1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法