日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ベンツGクラス史上最強の4輪駆動 「G 550 4x4²」 オフロードモンスター

メルセデス・ベンツ

ベンツGクラス史上最強の4輪駆動 「G 550 4x4²」 オフロードモンスター
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

【 G 550 4x4² 】

全長×全幅×全高=4520mm×2100mm×2240mm

ホイールベース=2850mm

車両重量=2950kg

駆動方式=4WD

エンジン=4.0リッターV型8気筒DOHC・直噴ツインターボ

最高出力=310kW(421ps)/5250-5500rpm

最大トルク=610Nm/2000-4750rpm

トランスミッション=7速AT

タイヤサイズ=325/55/R22

欧州複合モード燃費=13.8L/100km

使用燃料=プレミアムガソリン

SUVにアンダーガードをつけただけでお茶を濁したような軟弱オフローダーなどではけしてない。たとえば、シャシーはラダーフレーム。ワイドフェンダーとタイヤの隙間から覗くツインダンパーは各車輪に組み込まれている。それぞれ二本のダンパーの一本は通常どおりの減衰力を発揮する。もう一本は電子制御可変ダンパーである。

出典 http://jp.autoblog.com

エンジンは、AMG4.0L V8直噴ツインターボエンジンをベースに新開発されたM176型エンジン。最高出力422PS/310kW、最大トルク610Nmを発揮。

足回りは新しい可変ダンパーシステム「ラリー強化仕様ツインサスペンション」が採用されている。各ホイールには、平行する2本のスプリング/ダンパーストラットを搭載しているのが特徴。この2本のダンパーを使い、1本は固定された減衰特性に。もう1本は電子制御可変ダンパーを採用することで、走行状況に応じて減衰特性を変更することが可能となっている。モード切替は、スポーツモードとコンフォートモードが用意されており、センターコンソールのボタンで行う。モードの切り替え時間は、1秒以内という早さで完了する。

走行フィールがまた異様である。直進安定性には目を瞑ろう。100km/h巡航でさえ長時間は疲れる。ブレーキは驚くほどよく利く。けれど、停止線で止まっても、しばらく上屋が揺れて、収まるまで3秒ほど時間がかかる。

出典 http://jp.autoblog.com

搭載するエンジンはV型8気筒4リッターツインターボ。最高出力422ps。最大トルクは610Nmを発揮する

乗り込みからして、梯子がないことが不自然なほど高い。女性や子供なら、先に乗り込んだ誰かが手を引かねばよじ登れない高さである。よって着座したのならば、隣の4トントラックと視線が合う。

出典 http://jp.autoblog.com

軍用車のノウハウともいえる「防弾仕様車」の技術をベースにした「ポータルアクスル」を採用。ポータルアクスルは、ホイールハブの中心より上方へ車軸やデフを設置できる技術で最低地上高を上げるための手法。このポータルアクスルにより、最低地上高460mm、渡河深度1,000mmが可能となった。G550が最低地上高235mm/渡河深度600mmなので、倍近い数値を叩き出している。この数値だけでも、いかに走破性が高められているかが分かる。渡河深度1,000㎜といえば、もはやちょっとしたプール並み。まさに、道なき道を進むことが要求される軍用車の技術だ。

出典 http://221616.com

「G 550 4x4²」は、一昨年の4月に発売された6輪駆動のオフロードモンスター「G63 AMG 6×6(8000万円)」の弟分として、圧倒的なオフロード性能を受け継ぎながら、より現実的に仕上げられたモデルだ。

ディメンションは、全長4520×全幅2100×全高2240mm、最低地上高460mm。「G550(全長4575×全幅1860×全高1970mm、最低地上高235mm)」と比べると、全長がやや短い一方で、ワイドトレッド化と高められた最低地上高が際立つ。タイヤサイズは325/55R22。渡河深度は「6×6」と同様、大台の1メートルに達した。

パワートレーンはG550と同じく、4.0リッターV8・直噴ツインターボ(421ps/610Nm)にアイドリングストップ付きの7速ATが組み合わされる。

出典 http://carview.yahoo.co.jp

日本での利便性を高める日本仕様専用装備として、COMANDディスプレイやインストゥルメントクラスター内表示は日本語対応している。さらに、日本の道路事情を考慮し360°カメラシステム、パークトロニックなど本国仕様には存在しない装備も装着。

アプローチアングルは51.6度、デパーチャーアグルは43.8度。渡河深度は1メートルだから、こいつがスタックすることなどありえないだろう。エンジンさえ水没しなければ、道なき道をどこまでも走り切ってしまうに違いない。最大登坂角度は45度だという。プロ級でも腰が引けるような急斜面のゲレンデでも、グイグイと登ってしまうのである。

出典 http://jp.autoblog.com

1
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ