新型カマロが初公開 カマロターボ”が日本デビュー

シボレー

新型カマロが初公開 カマロターボ”が日本デビュー

軽量&高剛性化された凝縮ボディ

先代(第5世代)と同じく、

新型カマロにはクーペ/コンバーチブルの2タイプが用意される。

車台はGMのFR用“アルファ”プラットフォームを流用しつつ、

コンポーネントの約70%をカマロ専用に開発し、先代から約90kgの軽量化と28%高剛性化を実現しているという。

ボディサイズは全長4784mm×全幅1897mm×全高1348mm/1340mm

(クーペ/コンバーチブル)で、先代よりも全てにおいてコンパクトになっている。

デザインは先代のイメージを踏襲しつつ、より贅肉を削ぎ落としてアスレティックかつグラマラスにまとめ上げている。

出典 http://carview.yahoo.co.jp

2017 Camaro 1LE First California Delivery and Preview

エンジンは

6.2L V8

2.0L 直4ターボの2種類

日本導入グレードのエンジンは、

改良型の6.2L V8直噴(最高出力453ps/最大トルク617Nm)と、

新開発の2.0L 直4直噴ターボ(同275ps/同400Nm)の2種類となる模様。

トランスミッションは前者に6速MTと8速AT、

後者に8速ATが組み合わされる。

2.0Lターボ車の8.0L/100km(約12.5km/L)という欧州複合モード燃費は、当然ながらカマロ史上最良の数値となる。

出典 http://carview.yahoo.co.jp

2018 Chevrolet Camaro ZL1 in-depth review of interior exterior

2017 Chevrolet Camaro - Review and Road Test

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ